ジェントリフィケーションの意味とは?現象の要因や課題を解説

「ジェントリフィケーション」は街の富裕化、高級化現象を指す言葉であり、近頃、世界の都市部(なかでも比較的大きな都市部)で問題となっている現象です。本コラムでは、まず初めに言葉の定義を説明した上で、その要因やメリットデメリットを解説してまいります。

そもそも「ジェントリフィケーション」の意味は?

ジェントリフィケーション(gentrification)とは、街や地域が経済的に発展し、結果的にその地域に住む人々の生活水準が向上し、高級な商品やサービスが充実したり、新しい建物やインフラが整備されたりする現象を指します。なお、ジェントリフィケーション(gentrification)は、英語圏では、街の富裕化や高級化を指すためによく使われる用語です。

 近年、「ジェントリフィケーション」が世界の主要都市で問題になっている。「ジェントリフィケーション」とは、「都市において、比較的低所得者層の居住地域が再開発や文化的活動などによって活性化し、その結果、地価が高騰すること」(「毎日新聞」二〇一五年三月二十五日 奈良版)とされる。地価が上がり、家賃も上がる結果、元々その地域に居住していた貧しい人々が住めなくなって、その地域から追い出されてしまうという問題点も指摘されている。

参議院

「ジェントリフィケーション」が起こる理由は?

ジェントリフィケーション現象が起きる理由は、多く2つあります。1つずつ見ていきましょう。

老朽化による建替え

1つ目は「老朽化による建替え」です。古くなったから建て替えを行うといった流れが進むことで、結果的に新しい建造物は高級化し、街や地域の環境がより良くなります。

街の再開発

また2つ目は、「街の再開発」です。地域の経済が成長し、人々がより多くの財産を得たり、新しいビジネスが立ち上がったりすることによって起きるものです。その結果として、ジェントリフィケーションが起こります。

2050年問題とは?未来に向けてできることを考えよう【2050年問題とは】30年後に予想される課題と対策について解説します

ジェントリフィケーションの課題

ジェントリフィケーションにより、住民が得られるメリットは多くあります。一方で、社会全体として捉えた課題もあります。

①貧困問題を悪化させる要因になりうる

上述した通り、ジェントリフィケーションが起きることで、街や地域の環境がより良くなり、高価で高性能な商品やサービスが充実したり、新しい建物やインフラが整備されたりするため、一部の居住者にとっては、生活の質が向上することがあります。

しかし、同時に、ジェントリフィケーションが進むことで、地域の物価や住宅料金が上昇し、地元の住民が所有する土地や家屋を売却せざるを得なくなるなどの問題が生じることがあります。

こうした現象は、貧困問題を悪化させる要因とされています。また、ジェントリフィケーションが進むことで、地域の文化や歴史的建造物が失われることもあります。こうした問題を避けるために、ジェントリフィケーションが起きる地域では、適切な規制や管理が行われる必要があります。

②文化的多様性が損なわれる可能性がある

多文化共生とは、様々な文化背景を持つ人々が、お互いを尊重しながら、共に暮らすことを指します。これには、文化や宗教の差異を理解し合い、自分たちの文化を尊重することが含まれます。また、多文化共生には、多様性を尊重し、文化的差異を活かすことが重要です。

一方で、ジェントリフィケーションが起きることで、地域の住民が所有する土地や家屋を売却せざるを得なくなるなどの問題が生じることがあります。こうした状況では、地域の住民が適切な場所を見つけることが困難になり、文化的多様性が損なわれる可能性があります。したがって、多文化共生を実現するためには、ジェントリフィケーションが起きる地域でも、住民の生活が安定するような政策が必要です。

まとめ

ジェントリフィケーションは、極めて自然な流れで生じる現象ですが、いくつか課題があることも紹介いたしました。ジェントリフィケーションが起きる地域では、適切な規制や管理が行われる必要があります。一人ひとりが自身の居住地や周辺地域の動向を確認し、国や自治体の規制・管理方法に関心を抱いていくことが重要です。