急速冷凍機の活用メリットとフードロスへの影響を解説

本コラムでは、急速冷凍機の活用メリットとフードロスへの影響を解説します!

食品急速冷凍機の基本

食品急速冷凍機は、食品の新鮮さや品質を保つ上で革新的な役割を果たしており、近年その必要性がますます議論されています。

短時間で品温を急激に下げて食品を冷凍する機械は、通称「急速冷凍機」と呼ばれています。おいしい冷凍研究所でも、通称にならい、この用語を使っていますが、この機械は学術的に正しい用語で表現すると「急速凍結機」と呼ばれます。

なぜ正式名称では「冷凍機」ではなく「凍結機」という言葉が使われるのでしょうか。

「冷凍機」は、そもそも空間を冷却するために低温を発生させる熱源設備(熱源機械)を指す言葉ですので、冷凍を行う設備全体を指す言葉ではありません。下図のように、低温を発生させる「冷凍機」を含めた、食品を冷凍する設備全体を指す言葉としては「凍結機」が用いられます。そのこともあって、学術の世界や冷凍業界の正式名称として「急速凍結機」が用いられているのです。

「急速冷凍機」と「急速凍結機」、「急速冷凍」と「急速凍結」の違い | 株式会社えだまめ

急速冷凍技術は、食品をわずかな時間で急速に冷やすことで、微生物の繁殖や品質の劣化を抑制します。

急速冷凍の仕組み

急速冷凍機の基本的な仕組みは、冷媒ガスや冷凍エアフローを使用して、食品の表面から内部まで迅速に冷却することです。このプロセスにより、氷結や結晶の形成が均一に行われ、食品の質が高まります。また、急速冷凍によって食材内部の水分が急激に結晶化するため、細胞壁が損傷しにくく、食材の新鮮な状態を維持できます。

急速冷凍の利点

急速冷凍がもたらす利点は多岐にわたります。まず、鮮度の維持と品質向上が挙げられます。急速に冷却された食品は、保存中も新鮮で風味豊かな状態を保ちます。また、賞味期限の延長も大きな利点であり、これによって食品廃棄を削減できます。急速冷凍は部分冷凍にも適しており、必要な分だけ冷凍できるため、在庫管理が効果的に行えます。

総じて、急速冷凍技術は食品の品質維持において優れた手段であり、食品業界や消費者にとって重要な役割を果たしています。

フードロスの現状と課題

食品ロスが引き起こす問題は、社会的および環境的な側面から見ると複雑で深刻です。以下では、フードロスの概要とその社会的影響に焦点を当て、なぜ解決が喫緊の課題となっているのかを考察します。

フードロスの概要

フードロスは、生産から消費までの供給チェーンの各段階で発生する食品の無駄な損失を指します。例えば、農産物の収穫後や製造段階での不良品、流通や販売時の在庫過剰、または消費者が購入したが最終的に使わなかった食品がこれに含まれます。これらのフードロスは、貴重な資源が無駄になるだけでなく、環境への負荷も大きくなります。

フードロスの社会的影響

食品ロスが社会に及ぼす影響は多岐にわたります。まず、飢餓という大きな社会問題につながります。世界的に見ても、まだまだ飢餓に苦しむ人々が存在しており、食品が無駄になることは避けるべきであると指摘されています。また、フードロスは経済にも悪影響を及ぼし、生産者や小売業者に損失をもたらします。これが続くと、農業者や企業の持続可能な経営が難しくなり、地域社会にも悪影響を及ぼします。

さらに、フードロスは環境問題にもつながります。生産段階での資源の無駄使いや、廃棄物の増加は地球環境への負荷を増大させます。また、廃棄された食品から発生する温室効果ガスも気候変動に寄与しています。

このような社会的および環境的な問題が積み重なる中で、フードロスの解決が急務となっています。持続可能な食品供給を実現し、資源の有効活用を促進するためには、供給チェーン全体での協力と意識改革が不可欠です。

急速冷凍機がフードロス削減に果たす役割

鮮度維持と品質向上

食品急速冷凍機は、鮮度の維持と品質向上において非常に効果的です。急速冷凍により食材内部の水分が急速に凝固し、微細な氷結が均一に行われます。これにより、食品の細胞構造が損傷せず、新鮮な状態が保たれるのです。例えば、魚介類や肉類は凍結時に細胞が破裂しやすいが、急速冷凍はこれを最小限に抑え、食材の風味や食感を損ないません。

賞味期限の延長

急速冷凍は食品の賞味期限を延長する重要なメカニズムを提供します。食品中の微生物や酵素の活動は温度に依存していますが、急速冷凍により食材が急速に低温に冷えるため、これらの活動が抑制されます。結果として、食品の新鮮さが維持され、賞味期限が延びることで、消費者が安心して長期保存が可能となります。

部分冷凍による効果的な管理

食品急速冷凍機は、部分冷凍によって在庫管理の効率を向上させます。必要な分だけ食品を冷凍できるため、需給のバランスを保ちつつ、在庫を最適化することができます。これがフードロス削減に繋がります。食品の生産や需要が変動する中で、部分冷凍は柔軟で持続可能な在庫戦略を実現し、余剰在庫の発生を最小限に食い止めます。

総じて、食品急速冷凍機は鮮度維持、賞味期限の延長、効果的な在庫管理といった側面からフードロス削減に重要な貢献をしています。そのため、これらのメリットを最大限に活かすことが、持続可能な食品供給を推進する鍵となります。

まとめ

急速冷凍機は、食品の品質維持とフードロス削減において革新的な技術として注目されています。急速冷凍の仕組みにより、食材の内部から均一に凍結させ、細胞構造の損傷を最小限に抑え、新鮮な状態を保つことが可能です。これにより、鮮度維持と品質向上が実現され、消費者にとっても高品質な食品が提供されます。

また、急速冷凍は賞味期限の延長にも寄与しています。低温での保存が微生物や酵素の活動を抑制し、食品の劣化を防ぐため、賞味期限が延び、消費者が安心して長期保存できるメリットがあります。

部分冷凍による効果的な在庫管理も急速冷凍機の特長の一つです。需要に応じて必要な分だけ冷凍できるため、在庫を最適化し、余剰な食品在庫が発生するリスクを低減します。これがフードロスの削減に繋がり、持続可能な食品供給を促進します。

総じて、食品急速冷凍機は鮮度の維持、賞味期限の延長、在庫管理の改善など、多岐にわたるメリットを提供し、食品産業において持続可能性を追求する上で不可欠な技術と言えます。その活用によって、より質の高い食品供給と共に、フードロスの削減が実現され、地球環境にも優しい食品生産が推進されることが期待されます。